Economy

日本はオワコンなのか考察してみる

2019年10月15日

  1. HOME >
  2. Economy >

日本はオワコンなのか考察してみる

2019年10月15日

台風が過ぎてからだいぶ涼しくなってきましたね。街を歩くとアパレルのお店に秋冬物が並んでいて季節を感じます。僕の場合は秋物がよくわからないので、暑い季節が過ぎたらすぐに冬物、みたいな感じですが。

最近のTwitterでつぶやかれていた「12年勤務して手取14万円~」という内容が物議を醸しているようです。同じシチュエーションにいたら、個人的には日本が終わっている、というより自分が終わっているな、と思ってしまいますね。雇われて働くことだけにフォーカスしたとしても、転職とかしたらもっと稼げる仕事はたくさんありますし。まったくオススメしませんが、派遣社員やアルバイトの方が稼げてしまうかも。もしかしたら正社員だから、みたいなところに安定や安心を求めているのかもしれませんが、そんなの幻想にすぎません。正社員だってリストラされるし、いつ会社が倒産するかわからないですからね。僕も会社員をしていますが、正社員だということで心が安定したことは1度もありません。

景気は悪いのか?
これは考えなくても普段から感じますよね。内閣府が7日に発表した8月の景気動向指数は「悪化」と判断されていました。10月1日から消費税が10%になり、更に買い控えが蔓延するのでは、と予想しています。実際に9末までに駆け込みで買い物をされた方も多かった印象ですが、小売業ではどれくらい売り上げたのか気になります。

雇用は?
総務省が発表した2019年7月の完全失業率は2.2%だそうです。同時期のアメリカも3.7%と以前に比べて低下しています。人材紹介系の企業の人の話だと、今は転職でも売り手市場なのだとか。このへんは体感しにくい内容ですが、みなさんはいかがでしょう?求人を見ても、人気のない職業だけはいつでも募集しているな、としか感じないので選ばなければ、ということなのでしょうか。

結論(超個人的には!)
考え方次第だと思います。←イラッとさせたらすいません。見えやすいところで言うと消費税が増税されて販売業はより一層厳しくなるでしょうし、景気は悪化します。そしてなにより日本は超高齢社会なので年金も資金繰りが大変で受給開始年齢は引き上げられるでしょうし受給額も下がると思います。そういう意味ではオワコンかもしれません。とはいえ、老後のことを心配しても仕方ないので今を楽しく一生懸命に生きていたら、それで良いのでは、と考えています。なんでも気の持ちようなのかもしれませんね。

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.