Life

心が疲れてしまったらすぐに休もう!/無理はコスパ悪いです

2019年11月4日

  1. HOME >
  2. Life >

心が疲れてしまったらすぐに休もう!/無理はコスパ悪いです

2019年11月4日

嫌な仕事だと感じたら、すぐに環境を変えましょう。退職ではなく休職でも良いですし、休職じゃなくても部署異動、現場移動で環境が変わるかもしれません。

つらいサラリーマン


なんなら退職もあり。

1番良くないのは、嫌なのに、つまらないのに続けてしまうこと。心と体が疲弊して消耗して潰れてしまいます。

つらいと思ったら逃げるという選択肢を持ちましょう。特に会社(サラリーマン)なんて、ひとり休んだり辞めたりしたくらいではほぼ確実に影響ありません。組織は動いて問題なく回ります。

昨日の記事では義理の弟がうつ病になってしまったことを書きましたが、そこまでがんばる価値のある仕事だったのかな、と正直おもってしまいます。ぼろぼろになる前に打てる手はもっとあったのでは、と思います。

彼は仕事を選ぼうとすると周りから「逃げ」と捉えられるのでは、と感じていたようです。真面目というか責任感が強いタイプなので。
そもそも仕事の選択は逃げるということではないですし、なんなら逃げても良いのではないでしょうか。

仕事から逃げても良い

僕も過去に仕事から逃げたことがあります。
ブランド品を扱うお店で販売と買取の仕事をしていたのですが、店長が変わった人でして、薄給だしパワハラすごいし「無理だ」と判断した瞬間に退職を決めました。あのまま無理して働いても仕事は与えられず変な空気の中で過ごさなければならなかったし、なにより成長できないことがわかっていました。もちろん待遇も悪いままですし。

なので今でも辞めて良かったと思っています。自分にも悪いところはあったとは思いますが、環境やまわりの人が合わない、良くなかったということもじゅうぶんにありえることなので。
自分の社会的価値や能力が低いのではなく、たまたま環境が悪かっただけ、というのは結構あるのではないかと思っています。



心が疲れてしまったら、まずはつらいこと、嫌なことから逃げたら良いのではないでしょうか。とにかく逃げてニートでもなんでものんびりするべきです。しばらくしたら気分も変わってまた何かにチャレンジしてみようと思うかもしれません。
そういった生活をしていれば、今まで気づかなかった「何か」に気づきやすくなったりするので、一旦なにもしない時間(期間)をつくることはオススメです。


まとめ

・しんどかったら冷静に分析して対策を練る

・対策の内容は「辞める」であっても良い

・仕事を辞めても死なない

・納得するまで心と体を休めてみる

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.