Life

【感想】映画を観に行くより家で動画観賞する方がコスパが良い

2019年11月10日

  1. HOME >
  2. Life >

【感想】映画を観に行くより家で動画観賞する方がコスパが良い

2019年11月10日

映画は好きだけど出かけるのがめんどい、そもそも映画館が好きじゃないという方は多いのではないでしょうか。僕は映画館まで行くのがめんどいです。ひとりでも誰かと一緒でも映画を見に行くことはありますが、知らない人がたくさんいるところで落ち着いて映画を観ることが苦手です。

 

今の時代はどこにいても簡単に動画を視聴することができますよね。パソコンでもスマホでも安い月額で多くの作品を観ることができるので、便利な世の中だな、と感じています。

 

film

 

どこでも映画やドラマを観ることができるので、過去の作品にも自由度が高く触れることができます。主に映画を観るのですが、アニメもおもしろそうなものがあるとついつい観てしまいます。

最近は映画やドラマにプラスして進撃の巨人・賭ケグルイ・鬼滅の刃など、観たことのなかったものをすきま時間でサラっと観ました。このへんも手軽に視聴できるのが良いですね。

 

映画だとレオナルド・ディカプリオ主演の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」や「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、トム・クルーズの「ミッション:インポッシブル」が好きです。昔の作品でも色褪せることなく未だに楽しめます。

特にウルフ・オブ・ウォールストリートは経済を勉強したくなるきっかけになるかもです。

 

こういった環境が整っている現代だと、インプットできる情報量が膨大になることがわかります。ひと昔前に比べると簡単に映画を観れるしドラマもシリーズごとサクっと網羅できて、アニメもわりかしなんでも観れてしまいますからね。その気になれば映画(ドラマ/アニメ)評論家になるのもハードルがさがっているのかもしれません。

 

僕は趣味でVODを利用していますが、知っている作品が多いと友達との会話がはずむこともあります。コミュニケーションのネタにはもってこいですね。そして好きな映画の傾向が似ている人は、やっぱり趣味嗜好、価値観も似ていたりします。

 

ひとり映画

 

映画なんて観てる暇ない!という方もいるかとは思うのですが、たまにはのんびり観賞するのも良いですよ。感動できる作品で涙を流してみたり、SF系の作品を観て現実の未来を予想してみたり、いろいろな楽しみ方ができます。もちろん笑える作品も大事かもです。僕は普段は人を避けて生きているので、お笑いでも見て表情筋を使わないと顔が仮面みたいになってしまいます…。ちょっときもいのでこのへんの解説はやめておきますね。

 

みなさんも、すきま時間で映画を楽しみませんか?

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.