Economy

【消費税】増税は20%まで引きあげられる/わりとガチです

  1. HOME >
  2. Economy >

【消費税】増税は20%まで引きあげられる/わりとガチです

【消費税】増税は20%まで引きあげられる/わりとガチです

IMF(国際通貨基金)は、日本の消費税を2030年までに15%、2050年までに20%まで引きあげる必要があると言っています。
理由としては、高齢社会によって増大する社会保障費を賄うため、ということです。このへんの打開策の正解はわかりませんが、現状わかっていることは次のようなことです。

 

・消費税増税により景気が冷え込む

・社会保障費は賄えても個人の負担が大きくなり少子化につながる

 

上記の2点は考えなくても想像できそうです。少子化は直接の問題なのか議論がありそうですが、高校を無償化にしてもらっても親になる世代の人たちの生活が困窮していれば結婚どころではないですからね。先日Twitterで「結婚しない、子どもをつくらない理由をお金だけのせいにしてはいけない」旨の発信をしている方がいらっしゃいましたが、現実的に経済的に不安を抱えている人が結婚や出産に前向きになるのでしょうか。甚だ疑問です。

あまりネガティブに考えすぎるのも良くないですが、消費税を増税すれば個人の消費が落ち込むだけでなく、その結果として販売する側(企業)の売上が下がり負担が大きくなる傾向が強いです。そうなれば企業は雇用する力が弱くなり従業員の給料もあがらなくなるわけです。永遠に不景気が続いてしまいます。

 

本当に消費税増税は日本を良くしますか?
誰のための増税ですか?

 

正直、日本は詰んでいる感が拭えないです。日本を良くしようと首相という肩書きの人ががんばろうとすると、あるタイミングを境に人が変わったように日本を陥れようとする政策を実行しようとします。実際に今の日本は自国にとって不利な政策を取り入れているように見えます。

このまま日本はどうなってしまうのでしょうか。国内で働く人は搾取されて優秀な富裕層はみんな海外に移住してしまうのでしょうか。

もちろん個人レベルで何を考えようと発言しようと何も変わらないので、搾取されても大丈夫なくらい稼げるようになるしかないですね。あとは本当に日本を良くしたいと思っている首相の誕生を期待するとか。

これから3~5年でまた日本の景気は冷え込んでいくのかもしれません。

今日はちょっと暗い感じですね、すみません…。
それではおやすみなさい。

 

参考リンク
IMF、日本に消費税を段階的に15%へ引き上げるよう要請

消費税2030年15%に IMF専務理事、賃上げの弱さ懸念

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.