Life

飼い犬が手術することになりました(悲)

2020年3月26日

  1. HOME >
  2. Life >

飼い犬が手術することになりました(悲)

2020年3月26日

飼い犬が手術することになりました(悲)

 

今年で11歳になるチワワ(女の子)を飼っているのですが、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)になり手術をすることになりました。膝のお皿がズレてしまい炎症を起こしている状態です。

今までも定期健診で指摘されることもあったのですが、できれば手術することなく生きさせてあげたいと思っており、サプリ等でごまかしていました。

 

先日「キャン!」と悲鳴を聞いて様子を見ると左後ろ脚を床につけずに痛がっている姿を確認しました(悲)結局はかわいそうな思いをさせてしまったな、と反省し病院へ連れていくことに。ステージⅢとのことで告知を受け、手術の日程を組んでもらいました。

 

長く一緒に生活していることもあり手術となると不安しかなく、とても悲しい気持ちでいます。万が一を考えてしまい…。

また元気な姿を見たいと願って病院へ連れていきます。

 

愛犬(猫)家のみなさま

 

犬や猫のことで大げさだと言う方もいますが、一緒に暮らしていたら家族ですもんね。僕も今後は更に家族を大事にしていきます。

 

術後の経過等はまた改めて記事に残していきます。

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.