Economy

【仕事】退職した会社を振りかえってみた(続き)【大晦日】

  1. HOME >
  2. Economy >

【仕事】退職した会社を振りかえってみた(続き)【大晦日】

【仕事】退職した会社を振りかえってみた(続き)【大晦日】

2019年も今日で最後ですね。1年があっという間に過ぎていくので焦りを感じるデオナルドです。今日は昨日の記事の続きを書いていきます。

派遣の仕事に携わっている方でなければさほどおもしろい内容ではないかと思うのですが、これが現実というか真実なんだ、という感じで読んでいただけたら幸いです。

派遣の仕事はクソだよ、という内容は昨日の記事でお伝えしたので、今日は派遣会社の管理者(正社員)がどんなことを考えていて、裏でどんなことを話し合っているのか書いていきます。

結論から言うと、派遣会社の社長は怠慢でで働く社員はクズで派遣社員の方は被害者だと思います。(極論ですみません)派遣社員として働いているのは自分で選択してから自己責任だ!という意見も正しいとは思うのですが、派遣社員として働いている方の大半は弱者です。臨む結果を得られなかった就職氷河期の世代の方、シングルマザーの方、会社都合によって職を失った方などがほとんどです。

そういう方たちに派遣会社の社員が裏でなんて言っているかご存じでしょうか。なんとなく予想がつくかもしれませんが、これが真実です。

「(派遣社員を)ぬるま湯に浸からせて、いかに長く働いてもらうか考えるのが私たちのお仕事よ」

「有給休暇とか申請してもらったらうちの出費だから、聞かれるまでは話さないでね。」

100%みんなが上記のようなことを言っているとは思いませんが、正直ほとんどの社員が考えています。そして「派遣だから」という目線で従業員を管理しています。派遣社員の労働力をもって会社に利益が出ているのに、実際はこんなもんです。これをどう思うかは人それぞれですが、僕はひどいと思いました。だから辞めました。気持ち悪いというか、そういう思考回路に人たちと同じコミュニティに属していることが自分には大きなマイナスになってしまっていたので。

派遣会社って日本の闇だと思いますよ。敢えて書きませんが、本当はなんの目的でつくられた会社なのか、ということです。

僕の来年の目標は法人をつくることです。現在は個人事業主ですが、会社をつくって人を雇って、みんなで真剣に楽しんで儲かる仕事をします。やりたいことはたくさんあるので、どれに絞ってやるか決めるだけです。

楽しく働いて自由に生きる、これが僕の最大のコンセプトです。

さて、もう少しで2020年ですね。年明けの日本の株価がやや心配だったりオリンピックなどのプラス?のニュースもありますが、今年よりもより良い1年になりますように。

来年もよろしくお願いいたします。

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.