Life

引きこもりに優しい世界/家が最高

2019年11月30日

  1. HOME >
  2. Life >

引きこもりに優しい世界/家が最高

2019年11月30日

引きこもりに優しい世界/家が最高

今日も映画観賞しながらウーバーイーツで食事をして生きているデオナルドです。家に引きこもって完結する1日がとてつもなく幸せです。これから世の中ではもっと実店舗が減少して、みんなが外出する頻度も低くなっていくと予想しています。

ちなみに今日はあまりお腹が空かなかったので、ケンタッキーとコブサラダを食べて1日を過ごしました。飲み物はAmazonで購入した特茶とウィルキンソン炭酸(グレープフルーツ)なので、買い物する必要がなく、まったく外出していません。最高です。

これからはドンキのような安価な商品の取り扱いに強い店舗、逆に高級品を扱うブランドショップのような店舗、そしてコアなファンが集う飲食店など、本当に価値のある店舗しか街には残っていかなくなると思っています。
中途半端な価格帯や接客で勝負しているところは現在でも淘汰されていて、今後は更にそれが加速していくと感じています。

というのも、僕が住んでいる街はそこそこ栄えていて飲食店もアパレルショップもものすごい数の店舗がひしめき合っています。毎年新しい飲食店が展開されて人気が出なければ即閉店、5~10年続いた店舗でも人気が陰ればすぐ閉めてしまいます。
要はそれだけ競合が多い地域だということなのですが、本当に価値があるものしか残らないようになっている、それが顕著に出る地域だということです。

 

store

 

必要とされるお店しか生き残れないのは言うまでもないですが、本当の意味で人気でいないと簡単に潰れてしまいます。スーパーなどでも、今は配送サービスが進んでいるので直接買い物に行く人も少なくなっています。僕もスーパーに買い物に行くことはなく、配送してもらっています。

万人に受けなくても、マイノリティでもある程度の経済力も持った人たちに支持されれば実店舗でも儲かるのではないでしょうか。バーとかスナックって、どこで飲んでもお酒の味は大差ないですが、みんなマスターだったりママと会うのが楽しいで通ったりしますよね、要はエンターテイメントなんでしょうね。

ホリエモンが手掛けるWAGYUMAFIAなんかも、そこに価値を感じる人が集まっています。万人受けするかどうかというより、好きな人たちが集まって利用するので、変に評価されることもなく変な顧客がつくこともなく、ある意味ホリエモンの世界の中で完結する理想的な空間なのではないでしょうか。
こういったコミュニティってなんだか憧れます。みんなに好かれようとするのではなく、好きな人は来てね的なスタンスで人が集まる空間は実店舗でも繁盛するのでしょうね。

これから更にそういったコミュニティが重要視されて、既存の実店舗が減少していき、本当に価値のある場所とオンラインのみの世界になるのではないでしょうか。

 

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.