Life

連休明けは気持ちが沈むよね、の続き

  1. HOME >
  2. Life >

連休明けは気持ちが沈むよね、の続き

連休明けは気持ちが沈むよね、の続き

 

では、連休明けのダルーい鬱な感じはどう払拭すれば良いのか!

 

無理に払拭する必要なくないですか?ダルいと思っていても初動でなんとなく動けちゃうときもあるし、何よりぬるく出社してうまく手抜きして仕事しても別に誰も困らないじゃないですか。薄給なのに心身削って消耗してがんばる意味ありますか?

 

こんなことを書いていると「けしからん!」とか「お金もらってるんだから仕事しろ!」とか言う人もいるかと思うのですが、決して否定はしません。そういった意見も正しいと思います。でも、それを萎えてる人に言っても逆効果ですよね。

世の中のほとんどの仕事は簡単です、会社なんて出社すればお金もらえます。アルバイトでも派遣でもとりあえず出社したら時給は出ますよね?

もっと言ってしまうと、どんなに重宝されている人材でも代わりはいます。その人が明日から急にこなくなっても会社はまわります。更に言うと、社長が急にいなくなっても会社はまわるんです。要は、ほとんどの人材が代替可能ということなんです。

悲しいですか?そんなことはないです。つまり、ちょっとくらい仕事をサボったって休んだって別に誰も困らないよね、ということです。

真面目なのは良いことです。正義感が強いのも悪くありません。良くもないけど。そういう生き方が好きな人はそれで良くて、そうじゃない人(僕も含め)は、もっと楽に生きたら良いのだと思います。他者から連れてこられます。がんばっても給料はあがりません。サラリーマンは最終的には株主に利益をもたらすための駒です。

死んだら他の誰かを雇えば問題ないのです。

 

そんな生かさず殺さずのサラリーマン制度なので、心を病んでまで勤める価値はないです。だから嫌だと思ったら迷わず辞めた方が良いです。お金は他の方法でも稼げます。人生なんて長くて100年じゃないですか。だったらやりたくないつまらないことに時間を割くより楽しいことに時間を使わないとあっという間に年をとってしまいます。

 

まとめ

 

・サラリーマンは奴隷階級

 

・サラリーマンはサボっても大丈夫

 

・サラリーマンはがんばっても評価されにくい

 

結論:手を抜いて楽に働こう

 

僕の人生のコンセプトなのですが、「楽しく働いて自由に生きる」というのは人間にとって本当に大切なことなのだと考えています。

不器用なりに生きてきました。バカにされることも多かったです。それでもコンセプトを決めたからには、それを軸に置いて進むしかないんです。

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.