Life

否定されてもへこまずに継続することが大切

  1. HOME >
  2. Life >

否定されてもへこまずに継続することが大切

今日は知り合いの社長さんに誘われて会食に行ってきました。最近の仕事の状況を聞かれたのでサラリーマンはわりとクソであると断定しブログとプログラミングの勉強を始めたことを伝えたのですが、全力で否定されました(笑)

 

(以下、社長さんの意見)

 

■ブログなんて誰でもやっているし、うまくいかないんだよな。仕事の方向性をかためないと■

 

予想どおりの感想をいただきました。

 

僕はまだブログを始めたばかりでHTMLもCSSも初歩的なことしかわからないのですが、それでもわりと楽しみながら毎日更新しているので、当面はこのまま続けてみようと思っています。

 

今でこそやりたいことを否定されても完全にスルーすることができていますが、昔はちょっとでも反対されたり否定されたりすると弱気になっていました。好きなことを続けてもうまくいかない、儲からない、ダメなんだ…と。

 

そうやって諦めたことを今でも続けていたら大きな結果が返ってきたのかな、と思ってみたり。なので後悔しないためにも、やりたいことは全力でコミットした方が良いです。

 

「継続は力なり」

 

という言葉がありますが、本当にそのとおりだと思います。自分が楽しい、やりたいと思っていることを続けていると思いもしなかったところから評価されることもあるので。

 

僕は3年前にサラリーマンを辞めようと考えていました。退職を考えていたとき、当時の上司になかなか責任おもめの仕事を任されて、若干やる気になっていたのですが、今になってみれば退職してプログラミングを勉強していた方が良かったと後悔しています。

 

任された仕事もある程度の結果は出せたものの、特にこれといって自分が成長した感はなく、最終的にはやりたくない仕事をふられるだけになってしまったので。

 

お給料はあがりました。待遇も良くなりました。それでも納得できていないし、何より不満しか残らなかったんです。ここまでがんばったのに、こんなものか、と…。

もちろん僕のスキルが足りないとか能力が低いとか原因はあったのだと思いますが、報われない方向に進んでしまいました。

対してやりたいことではなかったのに。

 

そんなことを考えていると、改めてやりたいことをやる、興味がある方向に進む、ということを大事にしていかないと不幸になってしまうと思いました。

 

もし当時の自分がこの内容を読んでいたら、もしかしたら未来は変わっていたかもです。

 

やりたくないことをやると消耗する。楽しいことをやるべきだし、そうでないとどんなにがんばってもハッピーじゃないよ、と。

 

なんだか暗い感じになってしまいましたが、本当に自分がやりたいことは周りに反対されてもやるべき!ということです。

Copyright© Deonardo , 2022 All Rights Reserved.